本文へ移動

藤井建設工業

『仕事は人間力で決まる』

男気溢れる集団。それが藤井建設工業です。
当社では官公庁様、民間事業者様問わず土木工事全般をお引き受けいたしております。豊かな環境づくりに関する相談所として、地域に根差した活動を通し、社会貢献に努めております。
総合建設業としてインフラ整備、宅地造成、災害復旧等の一般土木工事など、新築住宅、リフォーム等の土木工事以外の建築工事や解体工事まで幅広く行っております。

土木工事

あなたの暮らし より快適に

土木工事業とは、建物以外の建設工事のことです。
土木は建設の中の1つに含まれ、主に木材や土石を使って橋や鉄道、道路などを造ります。他にも空港やダムなど、生活に欠かせない施設造りも土木工事業です。

上記以外に、施行の設計や測量なども土木の仕事です。現場によっては、下水道の工事を土木工事と呼ぶこともあります。土木工事は建物の基礎部分を造ることや、災害時に建物へ被害が及ばないようにするために重要な業務です。まさに人々の生活において必要不可欠であり、責任感が求められる職人の世界です。

解体工事

新たな未来のために解体からすべてがリスタート

解体工事とは、既存の建物を取り壊して撤去する工事を指します。「上物(うわもの)」と呼ばれる建物部分を解体するのはもちろん、廃材の処分や更地をきれいに整える「整地(せいち)」なども解体工事の大事な工程の1つです。
解体と一口にいっても、建物そのものを解体することもあれば、その周囲にある塀の解体や、リフォームを行うための解体など、その種類はさまざま。また、作業そのものも、解体用の足場や囲いの設置から、屋根瓦の撤去、窓や建具の撤去、建物本体の取り壊しまで、その手順は複雑で、単に壊せば良いというわけではありません。

また、建設リサイクル法により、廃材の処分方法が厳しく規制されているため、構造や使われている建材に合わせて適切な施工が必要になります。

庭じまい

庭に負担を感じてしまったら

住宅ブームに沸いた昭和時代。戸建住宅の広い庭には松や紅葉などの庭木、庭石や灯籠が堂々とした風情をたたえていました。

富の象徴=ステイタス 。そんな昭和時代の輝かしい庭づくりから四、五十年経ちました。

庭に出れば蚊に襲われて、伸び放題の草むしりに追われる日々。冬には雪囲いをしなければいけません。
故人の成功の証で造られた庭を相続したものの、維持管理が大変という声をよく耳にします。

鯉が放たれた池、立派な庭石や植栽の整った庭は見ているだけで心が洗われますが、維持していくには手間と労力がかかります。
せっかくの庭を負担に感じてしまっているとしたら、それはとても残念なことです。

そこで私たちは、これからの時代にふさわしい庭のリフォーム「庭じまい」をご提案させていただきます。

バリアフリーでローメンテナンスのお庭に作り替え。相続したお子様やお孫様が困らない様にすることはもちろん、年を重ねてステイタスより「暮らし易さ」を重視して、日々の生活がし易く、手入れが楽で綺麗な状態を保てるお庭にしませんか。

お宅のブロック塀 大丈夫?

安全点検しませんか?

お宅のブロック塀、大丈夫?

ブロック塀の倒壊により通行人に被害が発生。

痛ましいニュースを聞くことがあります。
他県でのニュースです…
通学路にて小学生が倒れてきた住宅のブロック塀に足を挟まれて、骨を折るなどの大けがをされました。

このような被害を防ぐためにブロック塀等の所有者や管理者の方々、安全点検をお願い致します。

まずはご自身で目視の点検を。

使っていない納屋などありませんか?

あなたの暮らしより快適に

工事の価格について

お問い合わせいただきまして現場調査しお見積させていただきます。

「よし、工事してもらおう!」と思った時、やはり気になるのが、工事費用・価格の相場ですよね。

工事にはいくらぐらいかかるのか、少しでもご安心をいただきたい思いから工事に関わる単価を公開させていただきます。

物置設置

お問い合わせの多かった物置の取り扱い始めました!!

お問い合わせが多かった物置。
これからは皆様のご要望にお応えさせていただきます。

屋外の細々したもの、掃除道具、洗車用品、ガーデニングや家庭菜園などの作業用品などが片付かなくてお困りのアナタ。
そんな悩みをスッキリ解決してくれる【物置】です。

▼お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 076-461-4622
不都合におもっていらっしゃることございませんか?
皆様のストレスについて改善のご提案いたします。
『ここ困ってるんだ』
『家の周りをきれいにしたいな』
『草むしりが大変だな』
『いくらぐらいかかるのかな』
などなど
大きな外構工事から小さな工事までお気軽にお問合せ下さいませ。
TOPへ戻る